pagetitle_floor

floor01

floor03

乾式調整置床工法

用途

コンクリート造りの集合住宅、学校(教室)事務所等幅広く床組み出来る工法です。床暖房の下地にも最適です。

ボルトの調整が自由自在

ボルトの長さ・・・30mmより 10mm単位で 330mmまで

施工高・・・H35mm ~ H335mm

工期大幅短縮

ボルトを組み付けレベル調整するだけ。

(ドライバーだけパネル状面から床高調整)

防音・除湿に最適

床下の空気層による断熱は最も良く、床下空気層は特に、タタミ・絨毯の湿度調整に最適です。

床下配管も解決

点支持なため、床下の諸配管が可能。万一の場合補修取替えもスムーズです。

床鳴り防止

従来の木根太組工法にありがちな、床のキシミ音等が起こりません。

 

floor06

floor07

floor08

  • 遮音性に優れ、歩行音を減少。
  • 足腰に優しく、歩きやすい。
  • 空気層ができ、暖かい。
  • VOC、ホルムアルデヒドへの配慮、F☆☆☆☆対応。
  • 転倒衝突時の安定性。
  • 高齢者、障碍者にも優しいバリアフリー対応。
  • 高換気によって、カビ、ダニなどの発生が少ない。

floor09

■ 納まり例

floor10

floor11

  • 床下配線、配管が自在。
  • 乾式工法により工期が短縮。
  • リフォームが対応。
  • 施工管理が容易。
  • 床鳴りが少なく信頼性アップ。
 

floor02

floor04

floor12

■ 高さは配線容量に応じて3種類

floor13

■ ベース使用

floor15

■ 強度試験データ

floor16

● 補助脚 ボーダー部施工および補強用に使用します。

floor17

 

floor14

floor18