pagetitle_floor-heating

メリット

① 室内の空気循環が自然対流なのでホコリがたちにくい。

② 一酸化炭素が出ないため酸素不足による頭痛や中毒の心配がありません。

  また火の気がないので留守番がお年寄りや子供たちだけでも安心です。

③ 暖房機のススが出ないので室内の壁クロスなど装飾品のくすみが出ません。

④ 室内換気の回数が少ないので暖かい空気が逃げません。

⑤ 床温度が高いのでダニの発生やカビなどを抑えアレルギーの方にも喜ばれています。


floor-heating01

圧縮破壊強度に優れ公共事業に最適。

断然違う省エネルギー。(69.1kN/100ø)

floor-heating02

■強度実験 山口県産業技術センターにて 平成20年2月25日

floor-heating01

試験結果 コンクリート厚50mm 100ø

 

No.  最大荷重 (kN) 最大荷重時の変位量 (mm)
  1   66.6   5.6
  2   74.5   5.7
  3   66.3   6.0
 平均   69.1   5.8

 

floor-heating03  防音もしっかり安心で静か

floor-heating04   高強度設計にて破損の心配もなく、結婚式場のホールや学校・公共施設や工場にも対応

 


floor-heating05

一般家庭用などのちょっとしたリフォームから本格的な床暖房まで対応

floor-heating02

室温を24°Cを維持するための温水供給温度は60°C必要でした。

M12タイプは新技術により、45°Cで室温を保つことができます。エネルギー源の消費は15%も省エネになりました。

floor-heating06

自由配管で敷設率90%

埋設でも乾式に対応

 


floor-heating07

新型エアボードはニーズを合わせてシンプルに使いやすいパネルを選びました。

floor-heating03

floor-heating08  わずか6.25kg/m2nの超軽量パネル

floor-heating09  厚さ20mmのスリム型なのに遮音効果もある超機能パネル

 

floor-heating04

floor-heating10

floor-heating11

■JWタイプサイズ

  品番   規格   重量
 JW-301   800×400×t20 mm   2kg
 JW-302   400×400×t20 mm   1kg
 JW-303   400×200×t20 mm   0.6kg
 JWS1   400×200×t20 mm   0.3kg
 JWS2   400×50×t20 mm   0.07kg

 

■施工手順例

floor-heating05

1.下地、取り合い確認後、施工図に従いパネルを敷設する。

    窓際には遮熱板を設置する。 (壁からの熱損失を防ぐ為)

floor-heating06

2.パネルの敷設後、温水パイプを施工図に従い折れ(キンク)がないように配管していく。

floor-heating07

3.パネルについているガルバリウム鋼板をパイプの上に敷設する。工事完了(フローリング、畳、カーペット等) 


floor-heating12

アンダーフロアーユニットは、お住まいのまま取り付け施工が可能な床暖房です。さらに床下から貼れるため、施工が素早く、ローコストです。

floor-heating13